two computer

魅力が際立っている

man use laptop

テレビを見ていても、雑誌を読んでいても、当たり障りのない内容で面白くないと感じている人は少なくないはずです。昔のテレビ番組や雑誌は、過激な内容のものが多くありました。ドキドキしながら見たりしていたものです。ですが、今のテレビ番組や雑誌はドキドキするような内容のものは一つもありません。
どうしてこのような当たり障りのない内容になってしまったのかと言うと、制作側が世の中からの批判を恐れているからです。今は少しで過激な内容にすると、視聴者や読者から批判を浴びることになります。昔から批判はありましたが、数はそこまで多くありませんでした。ですが、SNSが普及したことで、批判の数も驚くほど増えているんです。
批判が増えるあまりに番組が打ち切りになったり、雑誌側が謝罪広告を出すといったことまで起こっています。こういったことを避けるために、最初から内容をセーブしているんです。自主規制をすることで、当たり障りのない内容になっています。つまらなくなるのは当然のことです。
ですが、裏モノJAPANだけは違います。裏モノJAPANはどれだけ批判されることがあっても、自分たちが面白いと思うこと、読者が知りたいことを一番に考えて制作をしています。裏モノJAPANは自主規制をするなんてことはありません。
こういった姿勢で制作されているので裏モノJAPANの内容は常に過激でドキドキしながら見ることができるんです。今後も自主規制を進めているテレビ局や雑誌が増えるでしょう。そうなれば、裏モノJAPANの面白さが際立つはずです。